和尚のつぶやき

鉢担ぎナマズ


ある夜、ホットウイスキーを飲見ながら水槽を眺めていたら、フワーッと土管擬きが泳ぎだしました。びっくりしました‼️
しっかりとコップを握りしめ直して凝視致しますと、ナント、マイホビー鯰吉が事もあろうに自分の住処もろともに泳いでいたのです。まるで鉢担ぎ姫です。
ビックリしたのと、オタオタしたのが重なってその様を撮る事は出来ませんでした。ひょっとしてと思い、しばらく、スマホを握りしめ、ホットウイスキーをちびりちびりやりながら、待機いたしましたが、その様子をパチリとはいきませんでした。
本人も照れ臭かったような顔つきです。
去年の六月頃同居し始めた頃は今の十分の一ぐらいの大きさでしたが、あっという間のgrowing up です。自分自身その成長の早さ気ずかなかったのでしょうか?
ひょっとしてとして土管から出られなくなったのかと、えらいい心配して、割り箸でお尻のあたりを突いてみましたら、一向に動かないので、こらえらいこっちゃ、土管の住処を壊さねば思って金槌を持って持ってきて、事をなさんと水槽の蓋を開けた途端、鯰吉は素早く土管から滑り出て水槽中を狂わんばかりに走り回りました。
煽りを食ったモロコ達の驚き様にもビックリしました。井伏鱒二の「山椒魚」みたいに自分の住処からでれなくなっても悠々と世間の様を達観する様なスケールの大きさは我が家の鯰吉にはありませんでした。
「あんたと一緒や」と言われている様でした。

ページの先頭へ