和尚のつぶやき

ええとこのボンボン

<

この写真は、今年の5月,インドに行った時の一枚です。
チベット寺院や牢獄みたいな宿で過ごしていたので、最後の一泊は思い、泊まった宿の一室です。
その土地の王族が所有する王宮をホテルにしたものです。
住人はイギリスに住んでいるようです。ゆったりとした部屋は写真映りもいいようで、良家のおぼっちゃまのようでしょう?とても若くも見えます。気に入って部屋にも飾っています。
不思議に見るたびに元気が出ます。単細胞だと思わざるを得ませんが、元気が出るなら良いじゃかと思います。
亡くなった友人の写真も増えました。見るたびに、しみじみ生前の有り様を懐かしんでいます。
ほかの哺乳類はどうかしらと、達観したかのように私の布団で寝込んでいる玉ちゃんを見ながら訝しんでいます。
どこにでも発見は見つかるものですが、やっぱり日常と違った場所で見聞きする出来事は、不思議な体験となって忘れにくいものです。そこが面白いのですね、外に出る事が。

ページの先頭へ