和尚のつぶやき

I’m TAMA

<

最近、巷では猫ブームらしい。それもセレブ猫よりも😸の程度のいかにも普通といった類の猫が人気らしい。
そんな事ならと登場いただいたのが、玉ちゃん、このネコです。我が家の猫です。記憶を辿るとこの玉ちゃんは二度目の登場かと思いますが、随分年を取りました。本当の年齢は絶対に言わないので、定かでは有りませんが、13〜15才ぐらいか?と言うのがこのネコを知る取り巻き連のもっぱらです。
そんな訳で、エサも15歳用です。この頃ボケて来たのか、食べても食べても、もっと頂戴と強要するのでちょっと困っています。
😸か🐶と尋ねられれば迷う事なく😻ですが、巷によくあるベタベタした関係ではありません。
神戸に住んでいた子供の頃からここ埼玉最東北加須の地保寧寺に至るまで一体何匹のネコを飼った事でしょうか?その内何匹かの犬も飼いましたが、相性はあまり良く有りませんでした。ほのぼのと思い出すのは猫ばかりです。玉ちゃんの後はもう飼うことは出来ないと思いますが、どうでしょうか。わかんない。
毎夜毎夜ぃずれのかたよりかやって来て寝ている私の顔を軽く爪を立てながら布団を開けろと要求。くるりと回って私の腕を枕に寝入るのですが、私も老齢故、同じ体型が長く続かず気を遣いながらちょっと動くのですが、そんな時の玉はこうです。「何でそんなにごそごそするの?落ち着きなさい!」まあこんな具合ですわがまま一徹の猫のようですが、きっとそれなりに抑えているところもあるのでしょう。お互いにそんなに長くないと諦観しているので、出来るだけ波風立てぬよう穏やかに過ごしたいもんだと思うこの頃でございます。

ページの先頭へ