和尚のつぶやき

返しものは何ですか?

  • 新潟に行ってきました。
    街から外れた田圃の中に大栄寺という曹洞宗の地方僧堂が有って一泊しました。泊まった翌日には新潟の街では色々イベントがあってホテルと言わず民宿に至るまで満杯の状態だったのです。
    ナンタラと言うアイドルグループのコンサートのお陰だそうです。大栄寺の方は、泊まりの客は私たちだけでした。当たり前ですねえ?
    夜は9時まで朝は4時からバッチリ座って、堂々のチェックアウトです。曹洞宗の雲水さんの威儀粛々に感じ入っての一両日でした。
    新潟町おこしイベント「水と土の芸術祭」なるものがあって、町興しに一役絡んでいる人のご縁で行ってきたのですが、中に面白い行事が有って気が動きました。会場に来た人に無作為に参加してもらいます。今までに人に借り物をして、未だに返さないでいるものがあれば書き込んでもらいます。借りた人の写真を2枚撮ります。一枚は全身、もう一枚は返したい物を持った手が写っています。2枚の写真は両ペイジに有って折り込みになっているので、初めて見た人にはペイジを開いて見て初めて借りた人と返したいもののが判明する仕組みです。
    内側には借りた人の名前、返したい人の名前、物品の名前、借りた時の事情、返す気が有るか無いか、今どう思っているか等のメモが書き込まれます。何日間のイベントなのかよくわかりませんでしたが、40人ぐらいのA4サイズのデータがありました。書き手の皆さん真剣度が探れませんが、写真の人物を慮りながらデータを眺めていると簡単な記述だけなのですが、結構ストーリー性が有って、こちら側の勝手な思い込みなどもアレンジされて実に面白いのです。
    写真はそのうちの一人のデータです。掲載の了解は取っています。筆先の硬いサインペンで書かれたちょっと奇々たる絵は人目を引きます。
    何とこの期間中、彼は絵の注文を受けたそうです。広がるんですねえ!
    そんな事が嬉しくてこの企画の発案者に敬意を払って帰りました。
    新潟、新発田や村上辺のお寺は良い庭があってよかったです。街中に豪商の館、清水園なるものがあって、良い苔庭でした。早速保寧寺に帰って真似しました。疲れました。山門あたりちょっとだけ変わりました。ご来寺の時はちょっと気をつけて歩いてください。
ページの先頭へ