和尚のつぶやき

チベット仏教寺院

Birの村に有るチベット仏教寺院に朝のお勤めに行った。五時からだと、聞いたので、いそいそと参りました。銅鑼と太鼓と読経の響きがもう始まっていて、急いだが、本堂は閉まっていて、取り巻く宿坊から眠そうな小僧達が歩き回りながら歯を 磨いている。昨夜は何かの祝いらしくて夜遅くまでの式があったようで、どうやら今朝は寝忘れらしい。年長の坊さまが厭うことなく、本堂を開けて下さった。真似事のような瞑想ののち、般若心経、大悲呪 、本尊回向。此処も御本尊さまもまたデカイ。
朝の散歩も兼ねて、村を歩く。この村はお茶の産地としても有名であちこちに茶畑が有って村の美観を保っている。
茶畑の坂道を少し登ると、閑静な住宅地に出る。旧地と違って建物も新しくお金もかけている様子で洒落ている。その中の一つ、別荘風のホテルに入ってみる。早朝故、誰もいない。建物の奥の開けた庭は、行き届いた芝生の南向きの明るい庭で、遥前方に連なる山々を目線で眺めると言った具合である。さっぱりとした造りの中に、工夫の有る作庭を楽しみました。
そうこうするうちに、従業員も起きて来て、慌ててお茶をいれてくれました。泊まりの客と思ったようでした。庭談義で盛り上がりました。
朝食の注文も受けましたが、お断りして、またぶらりと宿に帰りました。
登校のこども達がスクールバスをまっている。チベット僧では無いけれど何やら佛教僧の様な様子の私を不思議の目で眺めながら。
ページの先頭へ